異文化空間

異文化講師、大迫友が、異文化間心理学を通し、異国文化での疑問を探っていきます。

カテゴリ: 異文化について

例えばあなたが違う文化の国に初めて旅行したとしましょう。 飛行機から降りて目に入る、その国の言葉やファッション、食べ物、建造物、看板や広告、全てが目新しく見えるに違いありません。 これらは「文化」ですよね? 答えはYes でもあり、Noでもあります。 これ ...

価値観とは、善、悪、好ましい事、好ましくない事、と言った価値を判断するものの見方、つまり良いか悪いかの判断をする基準の事です。 ホフステードはこれを、感情にプラスとマイナスの向きがついたもの、と言っています。それらの例として、以下のような価値があります。 ...

前回「文化とはなんぞや?」の記事で紹介した、ヘールト・ホフステードとは、社会心理学者であるだけでなく、異文化心理学、そして異文化マネジメントの第一人者です。 彼は、文化の違いを、「ある集団のメンバーと、他の集団のメンバーとを区別する、集団的な心のプログラ ...

異文化セミナー 文化の異なる人々とビジネスをすると、価値観の違いから、自分の想像しないような問題に突き当たる事があります。 海外の現場、ビジネスオーナーの実際の経験に基づいた、異文化セミナーを行います。 異文化ビジネスの現場で役に立つ、かつ、ニーズに合 ...

さて、ホフステードの第一の次元は「権力格差の違い」です。 権力格差、とは、「その国において、権力の弱い人々が、どれだけ権力の不平等を受け入れているか」と言う事です。 権力格差の大きい国では、子供は大人を尊敬することが当然と思われ、権力がある人と無い人と ...

↑このページのトップヘ