Introvert vs. Extravert


みなさんご無沙汰してます。お元気ですか?私は実は2週間前から新しい大学での授業が始まり、ちょっとバタバタしてました。ここでのクラスについてはまた機会があったら書きますが、今回は性格について。(サンディエゴのコロナ状況はほぼ変わりがないので特にアップデート無しです)

突然ですが、あなたは自分は外向的な性格だと思いますか?それとも内向的?これは以前の記事にも書きましたが、MBTIという性格診断ツールによると、外向的か内向的かというのは以下のような違いがあります。

外向的な人の特徴
• 他人と関わる事でエネルギーを得る
• 社交的で表現が豊か
• やりとりは話す事を好む
• 話す事によってアイディアを練る
• 興味は浅く広く持つ

内向的な人の特徴
• 一人でじっくり考える(内省する)事によってエネルギーを得る
• あまり社交的でなく、控えめ
• やりとりは書くことを好む
• 一人でじっくり考える事によってアイディアを練る
• 興味は狭く深く持つ

ちなみに私は人と会うと社交的(特に飲み会など)なので外向指向と思われがちですが、実は内向指向で、コロナウィルスで自宅謹慎になる前からも、というか小さい頃から結構家にずーっといて一人で本を読んだりするのが好きでした。(1日家にいても苦にならない)逆に現在自宅謹慎しろと言われてから外に出たくなるのは単にあまのじゃくなのか?人間って分からないものです。今回この内向的な性格についてまた書こうと思ったのは最近叔母に勧められて見た勝間和代のさんの動画がきっかけです。

「HSPを理解すると、人付き合いが楽になります」


HSPとはHighly Sensitive Person (極度に繊細な人=知覚過敏)と勝間さんは言っていますが、要するに感受性が強い人だそうです。これを見て、もしかしたら私はHSPだったのかも!と思いあたる事がいくつかありました。

• 小さい頃から履いている靴の中にちょっとでも砂やちっちゃな石の粒が入っていると気持ち悪くて歩けなかった。(感覚が敏感)
• 小さい時タクシーに乗ると「この車、なんか変な匂いがする!」(多分芳香剤か何か)と何度も言って母を閉口させる(匂いに敏感)
• 人に聞こえていない音が聞こえて極度に気になる(音に過敏)
• 自家中毒になったことがある(神経質な子供に多いらしい)
• 人はもちろん、自分が1回でも口を付けた物には口をつけられない(これはHSPというよりも潔癖症?それにしては部屋は特にきれいでもないですが)

叔母は私が小さい頃に細かい事に敏感で、靴に何か入っている事が気になって歩けなかった事を覚えていてこの動画を勧めてくれたものと思います。私は勝間さんのように人が殴られたりするのを見ても自分は痛くはなりませんが、昔から人が気にならない事が気になる事が多々あり、「もしかして自分は神経質すぎる?(=人より知覚が過敏?)」と思った事は何度かあります。でも単に神経質だったのではなく、名前があったんですね~。(笑)それに5人に一人はいるそうで、ちょっと安心しました。私も年を取るにつれて感覚が鈍ったのか今ではそこまで敏感でなくなり大分生きやすくなった感もありますが、今でも夜は音と光に敏感なので耳栓をして眼にマスクして寝ています。(その方がぐっすり眠れる)

話が戻りますが、なぜ今回この勝間さんの動画を見て内向的な性格について思い出したかと言うと、もしかしたら知覚過敏とは内向的な人に多い特徴なのでは?と思ったからです。なぜかというと、この記事にも書いたスーザン・ケインが書いたQuietという本によると、内向的な人々は遺伝的に外からの刺激に対して敏感ということが分かっているからです。

実は、外向的か内向的かというのは赤ちゃんの時から分かるそうです。病院で赤ちゃんが並んで寝かされていて、楽しそうにしている赤ちゃんや眠っている赤ちゃんがいるとします。その中でお腹もすいてないしおしっこもしたくないのに「ビェ~!!」と大声で泣き喚いている赤ちゃんがいたとしたらその子は外向的だと思いますか?それとも内向的だと思いますか?ケインさんによると、理由もなく泣いている子は大抵内向的な子なんだそうです。つまり、ちょっとの音や光、肌に触れる布の手触りなどが気になってしまい、気持ち悪くて泣いているという訳です。

ちなみにアメリカは世界でも外向的な人が多い国だそうで、メディアでも外向的な性格がもてはやされる事が多いです。(内向的な人は一人で考えている事が多いので、映像に映しても見る方は別に面白くないから映像にならないとも考えられる)よって文化的に外向的が良しとされ、内向的な人はちょっと邪険にされるような風潮があります。でも!内向的な人が持っている強みをもっと知って欲しい!そう考えてケインさんは「内向的な人が秘めている力」を書き、テッドトークでも話したのだと思われます。

余談ですが、ミュージシャン(特に楽器演奏者)は内向的な人が多いです。楽器は一人で何時間も練習しないと上手くならないので、社交ばっかりしている外向的な人にそんな暇はないから??(歌手は外向的な人も多いですが。)レストランやバーなどでミュージシャンが演奏している所を見ると、内向的なミュージシャンが黙々と音楽を弾いて雰囲気を作り出している中で外向的な人達が社交している、という風景が良くあり、世の中うまくできているな~、と思ったりします。

スーザン・ケインさんの「内向的な人が秘めている力」のテッドトークを見てみたい方はこちら。

TED Talk: The Power of Introverts (Susan Cain)


このテッドトークの日本語訳

本で読んでみたい方はこちら。(文字のリンクをクリックしてください。)

日本語版
内向的


英語版
Quiet






「異文化空間」のページをフェイスブックに作りました。
ブログ以外の事も載せていきますので是非フォローを!
Facebook

Lineで更新通知を受け取りたい方は下のボタンをクリック!


ブログランキングに参加しています。

海外進出ランキング