Christoph


こんにちは。もうすぐクリスマスですが、みなさんいかがお過ごしですか?

こちらでは12月に入ってから毎週末のようにクリスマスパーティがどこかで行われていますが、それも大分佳境に入りました。クリスマスはカップルで過ごし、年越しは家族と過ごす日本と違って、アメリカではクリスマスは家族と過ごし、年越しは友達と過ごす人が多いです。(また、アメリカではお正月の3が日、のようなものもなく、2日から仕事が始まるところも多いので、年末年始は12月31日のニューイヤーズイブにパーティをするだけ、のようにあっさりしたもんです。)

昨日は今年最後のトーストマスターズ(パブリックスピーキングのグループ)のミーティングがありました。テーマはサンタと、この頃のパーティのテーマに良く使われるUgly Sweater(醜いセーター)。Ugly Sweaterとはクリスマスにおばあちゃんなどからもらうクリスマステーマのセーターの事で、テーマ性は充分なものの、とてもダサい(死語??)ので、それをわざとみんなで着て楽しむ、という趣向です。ちなみにサンタの格好をした人もいました。

Ugly Santa
Ugly Sweater3
Ugly Sweater2
Ugly Sweater1


トーストマスターズでは毎週新しい言葉を学ぼうと言う事で、Word of the Week (WOW, 今週の言葉)として1つ単語が選ばれます。アメリカ人でも知らないような言葉が選ばれる事が多いのですが、今回のWOWはGauche。これはフランス語の「左」という単語がそのまま英語になったものだそう。英語の意味は、写真の白板に書いてあるように、「上品さに欠ける」、「洗練されていない」や、「社交下手」ということです。(このWOWを発言する際に使うと評価されます)

TM Theme 12-21-18

ところで、今回のミーティングで出た話題にクリスマスソングの話がありましたが、今話題になっている歌があるのをご存知ですか?1940年代に出たクリスマスでは定番の “Baby It’s Cold Outside” という歌です。

聞いてみて、何が問題になったか分かるでしょうか?
Baby It’s Cold Outside


Baby It’s Cold Outsideの歌詞 (カッコ内が男性のセリフです)
I really can't stay (but baby, it's cold outside)
I've got to go away (but baby, it's cold outside)
This evening has been (been hoping that you'd drop in)
So very nice (i'll hold your hands, they're just like ice)

My mother will start to worry (beautiful what's your hurry?)
My father will be pacing the floor (listen to the fireplace roar)
So really I'd better scurry (beautiful please don't hurry)
But maybe just a half a drink more (put some records on while I pour)

The neighbors might think (baby, it's bad out there)
Say what's in this drink? (no cabs to be had out there)
I wish I knew how (your eyes are like starlight now)
To break this spell (i'll take your hat, your hair looks swell)

I ought to say, no, no, no sir (mind if I move in closer?)
At least I'm gonna say that I tried (what's the sense in hurtin' my pride?)
I really can't stay (oh baby don't hold out)
But baby, it's cold outside

I simply must go (but baby, it's cold outside)
The answer is no (but baby, it's cold outside)
Your welcome has been(how lucky that you dropped in)
So nice and warm (look out the window at this dawn)

My sister will be suspicious (gosh your lips look delicious)
My brother will be there at the door (waves upon the tropical shore)
My maiden aunts mind is vicious (gosh your lips are delicious)
But maybe just a cigarette more (never such a blizzard before)

I've gotta get home(but baby, you'd freeze out there)
Say lend me a coat(it's up to your knees out there)
You've really been grand (i thrill when you touch my hand)
But don't you see? (how can you do this thing to me?)

There's bound to be talk tomorrow (think of my lifelong sorrow)
At least there will be plenty implied (if you got pneumonia and died)
I really can't stay (get over that old out)

Baby, it's cold
Baby, it's cold outside

歌詞の和訳はこちらに載っていました。

そう、もうお気づきかもしれませんが、この歌の歌詞が男性が女性をそそのかしている風で(manipulative)、デートレイプのシナリオだ、というのです。

昨年ハリウッドの映画プロデューサーのHarvey Weinsteinが色んな女優に性的虐待を行った事が発覚してから、他にも色んな女性が自分も性的虐待を受けた、と言い出し、#Me Too 運動(自分も性的虐待を受けた、と名乗り上げる事)が盛んになりました。これらの事から、最近アメリカは性差別的なことに敏感になっているようで、この曲がラジオでかかった際に沢山クレームが入ったとか。その影響を受けて、サンフランシスコを含めた全米のいくつかのラジオ局でこの曲をかけるのは禁止したと言う事でした。

この件について、まわりの意見は賛否両論です。「単に歌だから良いじゃないか」、「クリスマス定番の曲をラジオに戻せ!」という人も多くおり、また、「何が問題なのか分からない」、という意見もいくつか聞きました(そう言っているのは主に男性達でしたが)。可愛い駆け引きの曲に聞こえなくもないし曲自体がいいので、クリスマスのこの時期にラジオでかけて欲しいというのも分からなくはありません。でも歌詞が嫌なら歌詞を替えたバージョンを流すとか、どうでしょうね?

さて、今年もあと残り1週間ほどとなり、皆さんも年越し準備でお忙しいでしょうが、お体にお気を付けて!





ブログランキングに参加しています。

海外進出ランキング