new-years-resolutions


みなさん、ご無沙汰しております。お元気ですか?私はというと最近ちょっと体調を崩しておりました。それはともかく、12月もあと2週間を切りましたね!みなさんも師走で大忙しではないでしょうか?

年末と言えば、新年!来年日本ではオリンピックなので、日本はさぞ活気づいているのでは??そして、新年と言えば、New Year Resolution! (新年の抱負)今年は何をする、とか、何を辞めたい、など、何か決めましたか?私はといえば、来年、というより今後は、「自分のなりたいような人々の周りに身を置く!」(逆に言えば自分を下げるような人々からは距離を置く?)でしょうか。

何故そう思ったかというと、こういう言い回しを思い出したからです。 ”You are an average of 5 people around you.” (あなたはあなたに近い5人の人の平均だ)。つまり、自分の周りにいる人(良く一緒に時間を過ごす人)5人を見てみて、その人達の平均が自分の姿だということです。(見かけというよりもやっている事)そして、良く言いますよね、自分がこうなりたい、と思うような人の周りにいるとそのようになれる、って。

実は、今年秋ごろに仲良くなった女性がいるのですが、(この女性は前回書いた女性歌手ではなく、あの、11人の女性サルサバンドの歌手の一人)その彼女と一緒に時間を過ごすうちに、彼女の住んでいる家は実は、私が昔から私がサルサで知っている人の家だったと分かり、ルームメイトの2人はミュージシャン(一人がピアノ、もう一人はギターと歌)と知ったのです。

そして、その家に遊びに行ったり、そのミュージシャン達のサポートにあちこちに顔を出すうちに、私も色んな場面でバイオリンを弾かせてもらえるようになりました。先日の日曜はなんと!母親が病気になった歌手の友人の代わりに、レストランでピアニストとの初デュオ!をさせてもらう機会にも恵まれました。そして、気づいたのです。彼らといると私も自分ももっと良い音楽家になれる!と。そんな時、彼らに、この家に一緒に住まないか、と言う話をもちかけられたのです。

みなさんもご存知の通り、私は離婚していますが、離婚してからはずっとシェアハウスに住んできました(一つは家賃が安いから、もう一つは寂しくないから)。今住んでいる家も日本人とアメリカ人女性がいて、二人ともとても良い人達で居心地がいいのですが、例えばバイオリンを練習する場合など、家で練習するのは音とかすごく気になります。でも、ミュージシャンの家に住むとそれも気にしなくて良くなります。

そんなこんなで、色々考えた結果、そのミュージシャンが住む家に来年から移り住む事にしたのでした。私はミュージシャンを本業とするキャリアを目指している訳ではありませんが、音楽が好き!そして音楽の勉強は一生したいと思っているので、周りに同じように音楽の勉強に熱心な人達がいるのは私にとってとても良い影響だと思うのです。そしてその家の人達もみんな良い人達なので。

かくいう本業の方はというと、私が最初は、元々は企業向けの異文化セミナーなどを主に仕事にしていきたいと思っていましたが、何度かやってみるうちに、ちょっと私のやりたい事と違う、と気づきました。企業向けだと収益につながる事を求められますが、それが異文化セミナーだとそれが難しい事と、企業で数時間セミナーしたくらいでは自分の伝えたい内容が十分の一も伝えられないのです。そこでもっと深く教えたいと思い、大学で教える事を思いつき、先学期ようやくその願いがかなったのでした。

そういえばあのしばらく前に教えてた授業はどうなったの?と思われる方もいるかもですが、あのクラスはとりあえず1学期のみだったので既に終了し、生徒からの評価まずまずだったので大満足でした!クラスを教えること自体はとても楽しめたので、また機会があったら教えたいと思っています。(Cross Cultural Communicationのクラスは毎学期あるわけではなく、オファーされている学期のみ教えられる)そして次に教えられる機会を待っている間に、最近はオンラインで翻訳の仕事を始めました。

翻訳は会社で働いていたころから得意だったのですが、オンラインで自分のスキルを売れる、というサイトを見つけそこに登録したのです。オンラインワークの良い所は、どこからでもネットさえあれば仕事が出来るということ。昨年などは父の状況などもあり、日本で何か月か通訳業をしたりしていたのですが、しばらくこっちにいると決めたので、今後はこういう風にあちこち仕事を見つけていければと思っています。

今後は私のウェブサイトでも翻訳業も公にしていこうと思うので、それも来年の抱負かな?ちなみに今請け負っているのは英語から日本語の翻訳ですが、ウェブサイトの日本語から英語訳なども可能です。ウェブサイトを英訳してほしい方がいたら是非!お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちらまで。ibunkakukan@gmail.com






ブログランキングに参加しています。

海外進出ランキング